ブログ

2017-11-18

お役立ちコラム 牛肉の栄養素と効能

 実は、国内において1人1日に食べる牛肉の量は年々増えてきています。食べる機会が多いとなると、どんな栄養素が含まれているか気になませんか?今回は牛肉に含まれる栄養素とそれらの効能についてご紹介したいと思います。

 牛肉に含まれる「動物性タンパク質」には、体内で作ることのできない「必須アミノ酸」がバランスよく含まれており、植物性タンパク質よりも体内への吸収率が高いとされています。不足することで生じる体への影響を見ていきましょう。

 牛肉は美容にも効果があると言われています。3大栄養素の1つ「タンパク質」は血液や皮膚、内臓など身体を作るうえで欠かせない栄養素です。また、髪の毛や爪など周期的に生まれ変わるものにとっても欠かすことはできません。肌にはりを与えることで知られるコラーゲンもタンパク質の一種です。また、美容だけではなく、健康を維持するにも欠かすことのできない栄養素です。タンパク質が不足すると体力がなくなり、いざという時の踏ん張りがきかなくなります。病気に対する免疫体が作られないため、病弱な体になってしまう可能性も否めません。また、傷の回復が遅くなるということも言われています。タンパク質には人間の体に必要な成分を含んでいることがわかります。
その他にも、貧血の予防にもなると言われており、血液に含まれる成分(ヘモグロビン)を作るために欠かせない栄養素「鉄分」です。ですが、私たちの体内で作ることは不可能と言われており、日々の食事から鉄分を摂取しなければ貧血になってしまう可能性もあります。そこで貧血予防に効果的なのが、牛肉や他の食肉に含まれる「ヘム鉄」です。野菜や海藻に含まれる鉄分(非ヘム鉄)に比べて吸収率が高いと言われており、その差は約10倍ほどです。他には貧血だけでなく、手足の冷えや枝毛などの予防にも効果的ですよ!

 また、牛肉って太るのではないか。と思う方多いかと思いますが、牛肉に含まれている「ビタミンB2」には成長を促進し、食べ物をエネルギーに変えて、脂肪をため込まない体質にする。といった効果もあります。

 牛肉には紹介した通り、主に「タンパク質」「ヘム鉄」「ビタミンB2」の3つの栄養素が多く含まれており、丈夫な身体を作りたい、ダイエットをしたいという方には不可欠な栄養素だということが分かります。食べ過ぎには気を付けないといけませんが、牛肉は非常に健康的な食品であると言えます。

是非、三宅ファームの牛肉を1度ご賞味下さい。